ブックタイトルCS/BS ペイテレビ メディアデータブック 2020-2021

ページ
6/40

このページは CS/BS ペイテレビ メディアデータブック 2020-2021 の電子ブックに掲載されている6ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

概要

CS/BS ペイテレビ メディアデータブック 2020-2021

広告事例6 CS/BS ペイテレビ メディアデータブック 2020-2021 CS/BS ペイテレビ メディアデータブック 2020-2021 7サントリービール(株)は、「スカパー! プロ野球セット」構成チャンネルの試合中継時に、「ザ・プレミアム・モルツ」のプロモーションを実施しました。プロ野球OBをキャスティングし、プロ野球中継を想起させる放送席中継風セットで「ザ・プレミアム・モルツ」の「神泡」をリアルに体感する映像を12パターン制作し、オリジナルインフォマーシャルとして放送しました。プロ野球ファンに深く刺さるコンテンツでPR■チャンネル「 スカパー! プロ野球セット」構成チャンネル■広告主 サントリービール(株)■広告会社 (株)ADKマーケティング・ソリューションズ■放送期間 2020年4月~「スカパー! プロ野球セット」構成チャンネルサントリービール(株)「ザ・プレミアム・モルツ」I N T E R V I E W■プロ野球6球団別のオリジナルインフォマーシャル 山本昌氏(元中日ドラゴンズ)田中幸雄氏(元北海道日本ハムファイターズ)と実況の林正浩氏(右)攝津正氏(元福岡ソフトバンクホークス)斎藤雅樹氏(元読売ジャイアンツ)岩村明憲氏(元東京ヤクルトスワローズ)桧山進次郎氏(元阪神タイガース)原 小百合 氏サントリービール(株) マーケティング本部宣伝部プロ野球6 球団12パターンを制作―「ザ・プレミアム・モルツ」の特長を教えてください。 「ザ・プレミアム・モルツ」は、ひとりの醸造家の「世界最高峰のビールを作りたい」という思いから生まれました。その熱い思いを胸に、単身ヨーロッパに渡り各地のビール醸造所を巡って誕生したビールです。 開発当初から今日まで、「ザ・プレミアム・モルツ」が追い求めているのが、「バイタートリンケン」(何杯飲んでもまた飲みたくなる味)。この味を支えているのが、こだわりぬいた素材と製法です。ダイヤモンド麦芽に加え、日本まで低温輸送している厳選欧州産アロマホップ、サントリーのこだわりである天然水100%を使用し、濃厚な麦汁を作り出すダブルデコクションでみたい」と共感を得られるのではないかと思い、スカパー! さんに相談し、ビールとの相性が良く、熱心なファンがたくさん集うプロ野球での展開を実施しました。― スカパー! にて実施されたプロモーション内容を教えてください。 プロ野球6球団別のオリジナルインフォマーシャル(30秒)をスカパー! さんに制作いただき、「スカパー! プロ野球セット」構成チャンネル( J SPORTS、スカイA、GAORA SPORTS、日テレジータス、TBS チャンネル2、テレ朝チャンネル2、フジテレビONE・TWO、日テレNEWS24、スポーツライブ+)内の試合中継枠にて放送しました。 インフォマーシャルには、プロ野球レジェンドの皆さんに解説者として出演いただき、プロ野球中継を想起させる放送席中継風セットで、実況アナウンサーと試合中継さながらの掛け合いの演出で、「神泡」をリアルに体感する映像に仕上げています。今回、味の誤解を製法や、ホップの香りを最大限引き出すアロマリッチホッピング製法を採用し、生産しています。 「ザ・プレミアム・モルツ」は2003年から販売開始し、今日まで時代とともに移り変わるお客さまのニーズを捉え、プレミアムビール市場を牽引してきました。2018年からは、ビールならではの価値である「泡」にフォーカスし、神泡プロモーションを展開。2020年のリニューアルでは、当社開発の神泡リッチ製法により、高分子タンパクをコントロールすることで、“おいしさ”と“泡品質”をどちらも高めることに成功し、いっそう“深いコク”と“華やかな香り”、“心地良い後味”のバランスからなる余韻を感じていただける味わいになりました。また、解く「味認識篇」と、神泡サーバーで生ビールを自分で仕上げる楽しさと美味しさを訴求する「神泡サーバー篇」の2パターンを球団ごとに制作いただき、合計12パターンを放送しています。試合中継とシームレスな関係― 制作されるうえで大切にされたことは。また、映像に対する評価はいかがですか。 映像で最もこだわった点が、“ライブ感とリアリティ”です。プロ野球ファンに一番刺さるコンテンツはプロ野球中継。インフォマーシャルでは、実況中継のフレームを作り、その映像を中継の間に流すことで実際の試合中継とシームレスな関係を築くことができ、接触してもらいやすくしました。 今回、斎藤雅樹(巨人)、桧山進次郎(阪神)、山本昌(中日)、岩村明憲(ヤクルト)、 攝津正(ソフトバンク)、田中幸雄(日本ハム)といったレジェンドの皆さんと、林正浩さん(元TBSアナウンサー、現フリースポーツアナウンサー)に出演いただきました。演出上、レジェンドの方々に「神泡のザ・プレミアム・モルツ」の美味しさを語っていただきましたが、そのコメントも皆さんの人柄にマッチしたものにしたことで、共感度が増したと思います。プロ野球ファンにはたまらない映像になったと思いますし、私たちが伝えたかった要素全てをお伝えできる内容になったと思います。― 実施されてのご感想はいかがですか。 プロ野球は幅広い世代に支持されているスポーツであり、かつビールをよく飲まれる方々ともすごくマッチしており、とても良かったと思っています。Twitterでの反応や自社調査などをみますと、とても親近感を持っていただけたようです。「次の野球中継時にはプレモル用意しなきゃな」といったコメントもあり、うれしく思っていますし、購入意向にもつながったと思います。 プロ野球ファンの喜ぶポイントを理解されているスカパー! さんからアドバイスをいただけたのが良かったと思います。また、6球団制作でき、放送以外にもYouTubeやTwitter 等での配信、BS 放送でも展開させていただきました。結果、広くプロ野球ファンに届けることができました。この展開で、「ザ・プレミアム・モルツ」ならではの“深い味わいながらも飲みやすい”、そして“また飲みたくなる”という特徴がしっかりと伝えられたと思います。 CS/BSペイテレビは、コアなファンに支持されるメディアだけあって、視聴している方々の熱量も高いのが良いポイントだと感じました。その分、マス広告では難しい深く刺さる内容で展開ができ、そこに可能性を感じました。飲食店等で味わえる「ザ・プレミアム・モルツ」ならではのクリーミーな泡をご自宅で楽しんでいただきたいとの思いから、神泡サーバーを開発し、展開しています。―「ザ・プレミアム・モルツ」神泡のプロモーションを、スカパー! のプロ野球セット構成チャンネルにて実施されました。その狙いを教えてください。 「ザ・プレミアム・モルツ」は、美味しいイメージを持っていただけている一方で、「プレミアムビールは味が重たいのでは」という印象を持たれている方もいて、実際手に取っていただくまでに距離感があります。そのような方々が実際に飲まれると、「香りもコクもしっかりあるのに、すごく飲みやすい」「 口当たりもやさしい」との感想をいただきます。そこで、日頃からビールを飲まれる方たちが「神泡のプレモルを飲みたい」と自分事化していただけるよう、プロモーション展開を行なっています。日ごろからビールをたくさん飲まれるビール好きの方々に、味を正しく理解いただき、かつ共感してもらうには、お客さまが関心を持っているジャンルで影響力のある方に「ザ・プレミアム・モルツ」の良さを訴求していただくことが大切と考え、CS/BS ペイテレビに着目しました。CS/BSペイテレビは、好きなジャンルやコンテンツに対して相当の熱量を持ったファンの集合体。「憧れのあの人が飲んでいるから飲ん