ブックタイトルCS/BS ペイテレビ メディアデータブック 2020-2021

ページ
16/40

このページは CS/BS ペイテレビ メディアデータブック 2020-2021 の電子ブックに掲載されている16ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

概要

CS/BS ペイテレビ メディアデータブック 2020-2021

テレビ接触率 全国ペイテレビ調査 調査概要16 CS/BS ペイテレビ メディアデータブック 2020-2021 CS/BS ペイテレビ メディアデータブック 2020-2021 17「テレビ接触率 全国ペイテレビ調査」2021年4月スタート!調査データのさらなる拡充を目指し、 2021年4月から「テレビ接触率 全国ペイテレビ調査」がスタートする予定です。ここでは、 現行調査と比較しながら「 テレビ接触率 全国ペイテレビ調査」の特長を紹介します。「ADVANCED TARGET」の基本概念「テレビ接触率 全国ペイテレビ調査」アプリ画面(イメージ)調査概要ペイテレビ広告の価値向上に努めますCAB-Jでは、2007年から「機械式ペイテレビ接触率共同調査」を実施し、CS/BSペイテレビの視聴状況を把握する標準データとして運用してきました。2021年4月に調査手法を一新し、(株)ビデオリサーチが実施している全国32地区視聴率からペイテレビの視聴動向を分離・集計し、「テレビ接触率 全国ペイテレビ調査」としてデータ提供できるよう準備を進めています。地上波放送と無料BS放送でも使用している調査パネルを活用することで、信頼性と利便性を高め、ペイテレビ広告の価値向上に努めてまいります。調査地域を全国に拡大調査世帯数も増加リニューアル後の「テレビ接触率 全国ペイテレビ調査」は、調査エリアが、これまでの主要5地区(関東(東京30km圏)・関西(2府3県主要地域)・名古屋(中京3県主要地域)・北部九州(北部九州主要地域)・札 幌(札幌市内))から全国32地区47都道府県に拡大します。これにより、地域の偏りが是正され、より代表性の高い調査となる見込です(図1 )。また、調査地域拡大にともないサンプル数が大幅に増加し、測定世帯数は現在の約16倍の10,000世帯となります。CAB-Jでは、CS/BSペイテレビの普及状況から新調査におけるペイテレビ視聴可能世帯数を2,000世帯程度と見込んでいます。個人52週化と毎分接触率のデータ提供開始 個人接触率測定も52週化が実現します。これにより、個人データでも継続的に視聴状況が測定できます。加えて、毎分データの提供開始により、番組内視聴状況の分析がより詳細に行えます(表1)。「ADVANCED TARGET」を使いプロフィール付与一方、現行調査「機械式ペイテレビ接触率共同調査」の特徴である豊富な視聴者プロフィール付与は既存のパネルを利用することで一歩後退します。しかし、ペイテレビの特徴である多彩な視聴者属性を表現するため、ビデオリサーチの提供する「ADVANCED TARGET」を活用することでターゲットの接触状況が把握できるよう準備を進めています。「テレビ接触率 全国ペイテレビ調査」と「ACR/ex」のサンプル間類似度を共通項目で統計的に紐づけし、「年収」「学歴」などの詳細プロフィール、「生活意識」「嗜好」機械式ペイテレビ接触率共同調査テレビ接触率 全国ペイテレビ調査運用期間~ 2021 年3 月28 日2021年3 月29日~調査主体衛星テレビ広告協議会(CAB-J) 株式会社ビデオリサーチ(自主調査)調査会社株式会社ビデオリサーチ株式会社ビデオリサーチ(自主調査)調査内容調査対象の世帯及び世帯内個人の専門チャンネル視聴状況調査方法音声マッチングによる機械式調査。押しボタンによる個人接触測定調査地域5 地区全国32地区(47都道府県)調査対象者ペイテレビ視聴可能世帯テレビ受像機所有の一般世帯世帯。4歳以上の世帯内個人(付帯調査は13歳以上の世帯内個人) 世帯。4歳以上の世帯内個人プロフィール「性別」「年齢」「職業」「未既婚」「同居家族」「視聴経路」などを任意設定「性別」「年齢」「職業」「未既婚」「同居家族」を含むプリセット拡張プロフィール付帯調査ADVANCED TARGET(ACR/exフュージョン)調査標本数600世帯10,000世帯調査期間世帯:52週/年 個人:12週/年(偶数月第1日曜日の次の月曜より連続する2週間) 世帯:52週/年 個人:52 週/ 年集計対象チャンネル59チャンネル約60チャンネル調査対象テレビCS 専門チャンネル視聴可能で且つ音声出力端子付のテレビ受像機(最大3台)調査対象世帯内に設置されている「自家用」「据え置き型」のテレビ放送を見ることのできる機器( 最大8 台)集計最小単位毎5 分毎分提供アプリRVCS3.0(スタンドアロン) i NEX3ベースのペイテレビ専用アプリ(ASP)5地区から全国32地区47都道府県へ。 調査世帯数は約16倍の全国10,000世帯サンプル間の類似度を、共通項目で統計的に計算して紐付け(共通項目=デモグラフィック特性・テレビ視聴パターン)ランダムサンプリングのデータ同士をフュージョンし(*1) 、視聴率調査対象者へプロフィールを付与(*2)「人」「商品・サービス」「メディア」「その他独自項目」などあらゆる項目を調査しているACR/exから推計・リッチ化された「ADVANCED TARGET」でテレビ視聴をマーケティングデータとして強化性別・年齢・未既婚・職業・世帯内役割・家族構成「人」「商品・サービス」「メディア」「その他独自項目」機械式ペイテレビ接触率共同調査 視聴率 ACR/ex【対象】ペイテレビ視聴可能世帯600世帯全国10,000世帯をもとにウエイト集計【対象】テレビ受像機所有の一般世帯テレビ接触率 全国ペイテレビ調査〈 現行調査 〉〈 新調査 〉「関心広告商品」などから描いた特定ターゲットのテレビ接触状況を把握します。CS/BSペイテレビの特徴である多彩な視付与されたプロフィールによるターゲット【ADVANCED TARGET】*1 フュージョンの概念*2 プロフィールの付与性・年代(基本特性)データA共通項目データA共通項目データA独自項目データB独自項目ライフステージ(就職・結婚・子供有無)詳細デモグラフィック(年収・学歴など)サイコグラフィック(生活意識・嗜好など)商品関与・利用経験共通項目が類似しているサンプル同士を紐付けデータA共通項目データA独自項目データB独自項目聴者属性を活かした広告プランニングが実現できるようにいたしますので、是非ご活用ください。図1表1