CS/BSペイテレビ広告とは

CS放送は200以上ものチャンネルがあり、そのほとんどが有料放送であります。またBS放送でも数多くの有料放送が行われております。 CS/BSペイテレビは、ペイテレビ、専門チャンネルとも呼ばれ、現在、日本の総世帯数の26.1%の1,356万世帯(2015年6月末現在)に普及しています。 映像のハイビジョン(HD)化もすでに多くのチャンネルが対応しており、高画質映像を楽しむことができます。

現在、68チャンネルがCAB-Jに加盟し、CS/BSペイテレビの認知度向上と普及に努めています。

CS/BSペイテレビ広告の特徴と可能性

CS/BSペイテレビの特徴は何と言っても、各チャンネルが映画・ドラマ・音楽・スポーツなどのジャンルに特化した専門性を有していることであり、各チャンネルが、
はっきりとした視聴者属性を持つという『メディア特性』を有しています。 そのため、CS/BSペイテレビは、チャンネルロイヤルティの高い能動的な視聴者層、全国各地の富裕層、情報発信力を備えた感度の高い人たちに親しまれております。CS/BSペイテレビは、衛星多チャンネル放送サービスのスカパー!や全国各地のケーブルテレビ、IPTV等を通じて日本全国へ広くリーチしています。
また、CS/BSペイテレビ放送は、柔軟性のある編成と番組、CM制作機能を有し、親和性の高いオリジナル番組とCMのコラボレーション、
そして地上波では難しい長尺CMの放送にも対応しています。 CM以外でも、イベント連動企画、ソーシャルメディアとの連動事例、
CM映像の他メディアへの二次利用など、大きな可能性を秘めたメディアであるということができます。
このようにCS/BSペイテレビ広告は“優良”メディアなのです。

CS/BSペイテレビの詳細を以下からご覧いただけます。