活動報告

第19回衛星放送協会 倫理委員会・CAB-J共催セミナー

2016/11/21

CAB-Jと一般社団法人衛星放送協会 倫理委員会は、11月21日(月)に、今回が第19回目となる共催セミナーを開催。
講師には、染井・前田・中川法律事務所の中川達也弁護士を迎え、「テレビ番組制作の法律実務に関する最新動向」という演題で開催された。中川弁護士は、著作権法を中心とする知的財産関連、メディア・エンターテイメント関連を専門とし、テレビ番組制作の現場で実際によく生じる問題について解説した書籍「よく分かるテレビ番組制作の法律相談」(日本加除出版)の共著者としても知られる。
本セミナーにおいては、肖像・著作物の写り込み、ツイートの番組表示、一般の方の出演承諾、道路での撮影等のトピックについて、近時の判例・事例等の動向を踏まえ、具体的な例示と共に解説いただいた。
当日は各会員社から多数の参加をいただき、セミナー内においても、参加者の方々から多くの質問が寄せられるなど、テレビ番組制作現場での法律問題に対する関心の高さがうかがえた。参加者は27社54名。

▲一覧に戻る